OFFICE MASARU EMOTO

会社案内 お問い合わせ サイトマップ
HOME 活動内容 水の結晶 水の情報記憶 ピースプロジェクト セミナー、イベント 活動支援について
愛感謝の文字を見せた水の結晶


水の結晶とは

水は、生命の源であり、生命活動の基本をなすものです。
これまでその存在が余りにも当たり前に思われてきましたが、今ほど水の重要性が力説される時はないといえます。

河川や海の化学汚染は言うに及ばず、地下水や雨水に至るまで汚染が進行し、生態系を脅かすまでになっています。
今、水を守る事や汚染された水を浄化する技術の重要性はますます高まっています。

かつて水はありふれた単純な物質であると思われていたのに対して、近年においては様々な計測技術の発展にともない、非常に複雑な性質を持ったものである事が分かってきています。

1994年に江本勝によって考案された水の氷結結晶写真技術は、水の知られざる特性を探るために開発された技術です。
河川水、湖水などの天然水、名水と呼ばれる湧水、各地の水道水など、さまざまな種類の水の氷結結晶写真を撮影した結果、いわゆる“良い水”はとても美しくバランスの取れた六角形の結晶構造を示すことが分かりました。
それに対して汚染された水は秩序だった結晶を示さないという傾向が見られました。

しかしそれだけではなく、様々な処理によって、例えば音楽を「聴かせる」事によって、さらには人間の言葉によっても結晶構造が変化するなど多くの事例を蓄積してきました。
結果的に従来科学の方法論だけでは捉えきれなかった水の性質について、新しい視野が開けたのです。
そして、まさしく水は人間の姿を映し出す鏡である事が分かりました。

私たちは、もっと深く水の重要性とありがたさを自覚する必要があります。
生命の源であり、摂理を具現化するものとして、水に対して畏敬の念を持つ必要があります。
自分たち自身の姿を映し出すものとして、水からもっと学ぶ必要があります。


水の結晶とは TOPへ戻る▲

会社案内お問い合わせ個人情報の取り扱いについてサイトマップリンク
Copyright (C) OFFICE MASARU EMOTO, All Rights Reserved.